マガジンのカバー画像

LegalForce Engineer

6
LegalForceで働くエンジニアに関するあれこれを投稿します。
運営しているクリエイター

#プロダクトマネジメント

メルペイからLegalForceへ!最前線で活躍するPdMが語る、開発の醍醐味とは?

今回は、LegalForceのPdM(プロダクトマネージャー)としてLegalForce開発の最前線で活躍する小宮にインタビュー。メルペイでPdMとしてCtoCのサービス開発をしていた小宮がLegalForceを選んだ理由や、LegalForceだからこそ味わえるプロダクト開発の醍醐味、入社前後で変わったLegalForceのイメージや実際に感じたカルチャーなど、ざっくばらんに語ってもらいました! プロダクトの成長性に惹かれ、異業種からの転職を決意 ―― 現在「Legal

スキ
6

地方銀行からAI企業へ。自ら考え、ゼロからつくる楽しさがLFの醍醐味

黎明期のLegalForceに参画。法学部を卒業後、銀行員、パラリーガルのキャリアを歩んだ乾は、なぜ創業して間もないLegalForceを選んだのでしょうか。入社から2年を経てプロダクトマネジャー(PdM)として働く彼女は今、何を思うのか。お話を聞きました。 1度目の転職で 業務効率化の重要性を実感 ――2021年11月から「LegalForceキャビネ」の担当になったんですよね。 そうなんです。もともとは「LegalForce」のPdMだったのですが、「LegalFo

スキ
25